周辺観光

尾瀬国立公園
福島県・栃木県・群馬県・新潟県の4県にまたがる日本を代表する国立公園です。
尾瀬沼は燧ヶ岳の火山活動で噴出した溶岩流が、只見川などの源流をせき止めてできたものだと
言われています。

東西6km、南北2kmにわたる湿原は、あちこちに澄んだ水をたたえています。例年、5月から9月
上旬まで高山植物が咲き誇り、9月下旬頃には一足早く迎える秋の尾瀬ヶ原には草紅葉が広がります

尾瀬国立公園

ミニ尾瀬公園

ミニ尾瀬公園
ご年配の方や、憧れの尾瀬まで行く時間の余裕がない方でも、尾瀬そのものを身近に感じることが出来る公園です。高層湿原・高山草原の2つの
大きなエリアに分かれており散策用の木道や
遊歩道、川や滝などが再現されています。

園内には、尾瀬の自然を生涯愛し日本山岳会を設立した武田久吉のメモリアルホールや、尾瀬の
写真を撮り続けている白籏史郎の尾瀬写真美術館等もあります。

檜枝岐歌舞伎
国内で、古い歌舞伎が次々に姿を消して行く中で約250年間受け継がれてきた檜枝岐歌舞伎は、
古典そのままに親から子へ親から孫へと伝えられて来た貴重な農民芸能です。歌舞伎の上演される
舞台は「檜枝岐の舞台」として国の重要有形民俗文化財に指定されています。

上演日/毎年5月12日・8月18日・9月第1土曜日

檜枝岐歌舞伎

オールシーズン自然とふれあえる檜枝岐

春夏秋冬、桧枝岐ではオールシーズン自然とふれあえます。

体を動かすなら、テニスコートやグラウンドのほか、手軽に
釣りが楽しめるイワナの釣り堀があります。

また、アルザ尾瀬の郷では25m公認プールや、超音波流水
フローマシンで健康づくりが楽しめます。

自然を満喫できる中土合公園は、檜枝岐村の憩いの場として親しまれています。休憩所や展望台などの施設が
あり、休日にはファミリーが賑わいます。

初冬には尾瀬檜枝岐温泉スキー場がオープン!
ビギナーからベテランまで、変化に富んだコースを満喫できます。